企業向け名刺管理システム 導入事例

名刺Cube は企業・法人での利用に特化した名刺管理システムです。
名刺管理システム 導入事例をご紹介します。

 

導入事例 : センコー株式会社様

センコー株式会社 生産管理本部IT推進グループ 部長 田中 成幸 様 


●システム導入前の状況と課題は何でしょう?
⇒他社の名刺管理ソフトを利用していたが、自社で設定できるオンプレミスではなく
クラウドサービスであったこと、1ユーザーあたりの単価が大きく、それに見合う
効果が得られない現状があった。

●名刺Cubeを選定した理由は何でしょう?
⇒オンプレミスモデルであり、自社サーバーでの管理が可能なこと。
自社で開発しているシステムとの連携ができ、幅広い効果が得られると考え導入。

●導入後の効果についてお聞かせください。
⇒自社で持つ顧客管理システムへ名刺データを連動させることで、営業記録の作成
をよりスムーズに行えるようにし、報告書の作成に要する時間が短縮できた。

●今後の展開
⇒社内システムへの連携の範囲を広げ、営業活動の更なる強化に繋げる。

 情報共有の幅を広げて行く。


 

導入事例 : A社様<システム開発系ベンダー>

A社様導入事例 
通常の名刺Cubeクラウドシステムを約50ユーザーで利用。

長い期間がかかり複数の企業が関わる大規模な開発プロジェクトでも、どの会社の誰が何を担当しているのか一目瞭然に。

プロジェクト体制の管理やクライアント様の人事異動やパートナー企業のメンバー変更にも柔軟に対応する事ができます。

名刺Cube Case.2

導入事例 : B社様 <金融業>

B社様導入事例 
金融関係のお仕事をされているB社様では、社内のセキュリティ基準によってクラウドの利用を制限されているため、独自サーバーバージョンを60名で利用。

イントラネットで渉外管理や地域を限定して検索したデータに関してワンタッチでDMやメルマガの送信が可能になり、営業活動のが迅速に行えるようになりました。

外部からはVPNを利用して接続。スマートフォンからの営業報告も可能です。

利用者数によってミニマムスタートできるのが魅力です。

 

 

名刺Cube クラウドサービス

SGシステムの名刺管理はクラウドサービスです。個人管理の名刺を企業で情報共有して有効活用しましょう。

詳細を確認する

名刺Cube オンプレミスモデル

オンプレミスモデルもございます。自社のサーバーで管理する事で、より高度なセキュリティーを確保します。

詳細を確認する

※Windowsは米国Microsoft社の商標です。
※その他の記載された会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
※記載された内容は予告なく変更することがありますので予めご了承ください。

 

ウェブサイトのご利用について / 個人情報保護方針 /  プライバシーポリシー

Copyright(c) © 2014 SG SYSTEMS  Co.,Ltd. All Rights Reserved